• ホーム
  • どっちがいい?マツエクとまつ毛育毛の違いを解説!

どっちがいい?マツエクとまつ毛育毛の違いを解説!

目がきれいな女性

ファッションの一部でもあるメイク、毎日時間をかけてメイクをする女性も多いのですが、特にアイメイクは顔の印象を決めるポイントの一つという事もあり、このアイメイクに力を入れている女性も多いです。アイメイクを決める上でマツエクにするか、自分のまつ毛でアイメイクをするか悩む女性も多いかと思います。特に夏の時期になると外気温も高く、汗や皮脂が出やすくなります。汗や皮脂がたくさん分泌されると、汗や皮脂でマスカラやアイラインが溶けてしまい、メイクが崩れてしまう原因にも繋がります。そのため、夏の時期はアイメイク対策をする女性も少なくはありません。最近ではまつ育という言葉があり、まつ毛育毛を行って自まつげでメイクをする女性も増えてます。自まつげの方が自分のまつ毛でメイクをするので、自然な仕上がりで違和感もなく、目元も軽いというメリットもあります。では、マツエクとまつ毛育毛、どちらがいいのでしょうか。まずは違いについてです、エクステは自分のまつ毛に人工毛をグルーというエクステ専用の接着剤を使用し、まつ毛1本1本に人工毛を付けていきます。個人差がありますが、2週間ほどまつ毛にくっつくので、それまでの期間楽しめます。メンテナンスに費用がかかり、3,000~5,000円ほどかかります。毎日のメイク時間を短縮させたいと考えている人や、夏に汗や皮脂でメイクが崩れるのを防ぎたいという人にはぴったりです。まつ毛育毛は、まつ毛専用の育毛剤を使用し、自分のまつ毛を伸ばしたり量を増やすケアの事です。育毛剤の種類や価格は様々ですが、安いもので1,000円以下で購入する事が可能です。マスカラを塗る前の下地代わりに使用したり、夜寝る前塗って日中受けたダメージを修復するという方法もあります。マツエクを使用している人はまつ毛育毛剤を塗る事で、マツエクの持ちを良くさせます。育毛剤を塗らない人と塗った人ではエクステの持ちに違いが現れる為、エステティシャンの方もエクステを使用している方には育毛剤の使用を進めています。エクステもまつ毛育毛も今女性の間で話題になっており、どちらがいいか迷っている方もたくさんいます。メンテナンスの費用や一回目の初期費用は掛かるが、毎日のメイク時間の短縮や夏でもメイクが崩れる心配のないマツエクか、自分のまつ毛を育毛剤を使用して育て、自分のまつ毛でメイクをしたいかによって、どちらを選ぶか変わります。

関連記事
片頭痛の治療薬で活躍するボルタレンの効果|正しい服用方法や副作用も解説 2020年07月08日

市販薬を飲んでもなかなか頭痛が改善されない、日常生活を送ることが困難になるほど激しい頭痛が月に何度か来て悩んでいる。そんな人は片頭痛専用の治療薬がおすすめです。片頭痛の治療薬というと、トリプタン系薬剤でもあるスマトプリタンやゾミトプリタンなどの薬剤で治療をされる方がたくさんいました。他にも塩酸ロメリ...

まつ毛育毛剤をお得に買うなら「ケアプロスト」で決まり!その驚きの効果と値段とは 2020年01月25日

今生えている自分のまつ毛が少なくて毎日のアイメイクが上手く決まらない、本数も少なくまつ毛も1本1本がとても細いので、マツエクをするとまつ毛に負担がかかってしまい、まつ毛が少なくなるのではと心配する女性も多いです。毎日市販のまつ毛育毛剤を使用してケアをしているにもかかわらず、全く本数も太さも変わらない...

女性に起こりやすい片頭痛の原因とは?女性に多い理由と対策方法 2020年06月02日

頭の片側だけが脈を打つようにズキズキ痛くなる、市販薬を飲んでも治らない場合、横になったり悪化すると目の奥も痛くなり嘔吐してしまうという人もいます。片頭痛は主に30~40代に多く見られ、仕事や結婚による環境の変化、育児や学校行事と様々なことで人生の中でも最も多忙だと言われる時期に当たります。ちょっとし...

ホルモンバランスを整えて美肌をもたらす食べ物7選|ビタミンCを含む食べ物が鍵! 2020年04月27日

健康だけではなく美肌を作るには十分な睡眠と毎日の食べ物が欠かせません。体内のホルモンバランスを整えたり、美肌を作るおすすめの食材を紹介します。1つ目はアボカドです。アボカドには抗酸化作用を持つビタミンEが豊富に含まれており、フリーラジカルによるダメージを守ってくれる働きがあります。葉酸も豊富で、妊婦...

ケアプロストの個人輸入での入手方法|偽物を見抜く方法も解説 2020年01月28日

まつ毛の育毛効果が高く、1本1本のまつ毛が濃く長くなると好評のケアプロスト。インターネットでもその口コミや評価が高いことから、まつ毛が薄く短いことに悩んでいる女性から購入を希望する声がとても高い医薬品です。しかし、このケアプロストは現在日本では取り扱いがなく、海外から個人輸入をするしか入手方法があり...